音痴は治せる!お悩みの方へカラオケ上達術のヒントを紹介

音痴の原因はどこにあるのか?

スポンサーリンク

 

「音痴」という言葉は、もともと音楽の世界に特有の言葉で、一般的には「正しく音程やリズムがとれないために、歌うと調子はずれになる現象」ともいえ、音楽教育では「調子はずれ」といいます。

 

さて、音痴の原因なのですが、大きく分けて2つの理由が存在すると考えられます。

 

@音を正確に聞き取れない「感覚性(感受性)音痴」

音程の違いを把握出来ずにずれてしまう、俗に言う「カラオケ音痴(メロディ音痴)」です。

 

こちらの見分け方なのですが、他人の歌を聴いて上手い・下手を判別出来るようであれば、メロディ音痴ではなくAの原因になります。

 

私たち、特に日本人は普段の日常会話で歌よりも繊細な音程でニュアンスを聞き取っているのでこちらにあてはまる人はさほどいないのではないかと思います。

 

「自分で歌う音を頭の中でイメージ出来る。つまり、頭の中で正しい音を再現出来る」
「声に出した音を自分で聞き取れ、自分の歌の音程が正しいかどうかが判断出来る」
この2つが出来れば原因はAの「運動性音痴」になります。

 

A音は聞き取れていても思い通りの音程が出ない「運動性音痴」

「感覚は正常だけどアウトプットがうまくいかない」。大抵の人はこれになるのではにでしょうか?
そして、望み通りのアウトプットが出来ないのはさらに様々な要因が挙げられます。

 

・リズムが調整出来ず歌の詞と音のタイミングがずれてしまう
・声量の調整が出来ずメリハリがない
・特定の音域が出せず歌のキーがずれてしまう

 

これらの原因は筋肉の使い方にあることがわかっています。つまり正しい筋肉の使い方をマスターすれば音痴は克服するのです。歌手が行っている「ボイストレーニング」はまさにこの効果があるといえるでしょう。

 

「頭の中で流れる音を正しく声に出すことができる」
@が正常でAのことが出来れば音痴は克服できます。要は訓練次第で歌は上達するのです。

 

スポンサーリンク

 

ボイストレーナーが本気で作った音痴解消プログラム公開